ナンバープレートの再交付・番号変更について

ナンバープレートの再交付を受けるには「盗難・紛失」による場合と「破損・汚損」による場合で手続き方法が異なります。
紛失や盗難に遭った場合は、そのナンバープレートを返納することができませんので、「番号変更」という手続きになります。そのほか、本来、希望番号で登録するところを、間違って通常の番号で登録してしまい、それを希望番号にする際なども、「番号変更」の手続きに該当します。
事故などで「破損」したり、汚れがひどく「汚損」による場合は、同じ番号で再交付を受けることができます。
ただし、汚損、破損等により文字の判別ができずにそのナンバーを正確に読めない場合は「番号変更」となります。なお、車両の後面ナンバーを交換する場合は、封印を施してもらう必要がありますので、自動車を運輸支局等に持ち込まなければなりません。

ナンバープレートを紛失または盗難に遭った場合は警察に届出が必要です

ナンバープレートを1枚でも紛失したり盗難にあった場合は、まず警察署に届出をしましょう。陸運支局での「番号変更」の手続きの際に、警察署名や受理番号などを書いた『理由書』の提出が必要となります。

このページの先頭へ