海外居住者からの名義変更の必要書類

普通自動車の名義変更をするときに必要な「印鑑証明書」は日本に住民登録をしていない方は取得することができません。このような場合に、「印鑑証明書」の代わりに海外の領事館や大使館で「サイン(署名)証明」を取得して名義変更の手続きを行うことができます。

「サイン(署名)証明」の種類

「サイン(署名)証明」とは日本に住民登録をしていない海外に在留している方に対し、日本の印鑑証明に代わるものとして、日本での手続きのために発給されるものです。
主に不動産登記、自動車の名義変更等の諸手続に使用します。「サイン証明」には以下の2種類があります。

<1.単独タイプ>
単独タイプは日本の印鑑証明書のように1枚の用紙として独立した証明書となっており、その証明書に本人がサインして、そのサインが確かに本人のサインであることを現地の領事が証明します。

<2.綴り合せタイプ>
綴り合せタイプは署名押印が必要な書類(自動車登録の場合は譲渡証明書や委任状)を大使館又は領事館(在外公館)に持参し、領事の面前で日本側の書類に署名および拇印を押捺し、「委任状」、「譲渡証明書」等と「サイン証明書」を綴り合わせて一体の書類として公印を割印してもらいます。
※国によってはサイン証明が必要な書類全てを綴り合せて大使館(領事館)の公印を割り印する場合もあるようです。

「サイン(署名)証明」の取得方法

自動車登録には、上記「2.綴り合わせタイプ」を使用します。 「2.綴り合わせタイプ」のサイン証明は「委任状」や「譲渡証明書」等のサイン証明を必要とする書類を在外公館に持参して、大使又は領事の目の前で、署名及び拇印を押捺します。
なお、サイン証明に海外のご本人の住所が記載されない場合は、別途、「在留証明書」を取得する必要があります。「在留証明書」は海外に現住所があることを証明するための書面ですので、自動車登録手続きの際にサイン証明をしてもらった書類と合わせて必要になります。そのほかの在外公館に持参する書類としては、申請人の日本国パスポートや、現住所を確認するためのもの(現住所の記載された運転免許証等)が必要になると思います。国や大使館等・領事館によって持参する書類が異なる場合がありますので、事前に大使館・領事館にお尋ねください。

このページの先頭へ